気功治療による病気サポートなら、名古屋市西区のAST名古屋クリニックまで

ASTの施療とは
ABOUT

ASTの施療とは 

施術者の手から出る気を、病気のある部位、
症状のある部位へ送ることによって作用させます。
古来日本に伝わる「手当て」の伝統から、歴史の中で育まれ世に出た施術です。

「手当て」はASTによって「技術」として学べるものとなりました。
その結果、施療は受ける方の体に反映されるように行われます。
病気や症状の改善を得るよう、施術者は常に研鑽しています。

ASTで施療される際の「気」とは、身体にとっての肉体を「陽」とすると、気でとらえる身体は「陰」に当たりそこへ作用します。身体と重なるように存在する「気のからだ」を意識して施術します。
ASTでは施術者の手から出される気と、学んだ技術によって、目的の部位へ繰り返し気を送ります。繰り返し送り、そして繰り返し外へ取り出す方法は、ASTの施療の基本となります。

このようにAST気功では、経路やツボ等ではなく、身体と重なるように存在する「気のからだ」を意識して、施療します。手でさするだけとは違うものです。そのため、長所と言えるのは、身体の各部位、その形態に合わせ、また病気や症状に沿って、気を作用させるところです。

身体は多様で複雑です。そのためASTでは施術する手によって、病気の判断はしません。症状や病気にかかわる様々な検査結果を重んじて、施療していくものです。
施療効果の判断は実際の症状の改善や、実際の経過の中でのからだの変化や、検査結果の変化として誰にでも分かるものとされています。

ASTには、創始者の考えた「謙虚・陽気・努力」と言う一見古臭い言葉が標語となって存在します。 病気や症状に対して、現代は、最先端のものから個人個人にオーダーメイドされるものまで、多種多様の選択肢があります。そして、それぞれに進歩を重ねています。
我々のASTの施療においても、伝授された気、使う技術、得られる結果について、謙虚に努力を積み重ね、ひとりひとりが「基本と進歩」を両立させ、出会った患者様の健康、また悩みとなる病気に対してその効果を提示できるよう、日々の研鑽を大切にしています。

ASTの施療の病気との関わり方・使い方
INFLUENCE

2.ASTのみで、病気や症状に向き合いたい場合

医療を中心とした、治療にASTを加えたい場合

最も多くは、症状の改善に、役立てることができます。

医療を中心とした、治療にASTを加えたい場合
今までに無い改善を得ることによって、他の様々な治療、あるいは内服薬や方針が、良い・軽い方へ、変更される、また、闘病経過の中で、格段に過ごしやすくなる・・・これらを目的に施療されます。こちらから医療を減らしたり、やめることは、提示しません。

病院が辛く感じる、医師とうまく付き合えないような時でも、その他の施療へと逃げ込むような雰囲気は、今の時代、認められるものではありません。しかし、確かな、良い変化が、ASTの施術によって加わるなら、闘病は楽になり、併用は、安心へとつながるものです。そのような形で併用されます。

慢性疾患、長く付き合っていかなければならない病気に、生かせます。

慢性疾患、長く付き合っていかなければならない病気に、生かせます。
長い闘病をされる方は、病気の経過や今後期待できることについて、説明を受け、理解されている場合がほとんどです。
ASTの施療を加えるのは、それまでに期待されていた以上の改善や安定を得るためです。
病気によっては、何をしても、一朝一夕には解決できないものを持っています。そんな時にASTの施療を加えます。 評価されていた以上の改善、患者様自身が楽に過ごせること、また改善目標がより高くなることを目的に、併用されます。

ASTのみで病気や症状に向き合いたい場合

ASTのみで病気や症状に向き合いたい場合
ご相談の時に、様々な状況を伺って、また、場合によっては施療を行いながら経過を見て行います。
気功療法としての長年の経験や知見から、病気の経過や症状の改善に、特に適している場合もありますが、今は、医療との併用、その他の療法との併用は、当たり前であり、ASTのみで行われることは、決して多くはありません。
より良くなる可能性が考えられる時、また、診断や検査を要する場合に、こちらから、AST単独にすることはお勧めできないことを、提案させていただくこともあります。
 

▲ ページトップへ